小杉放庵筆 「石不言」三字額

小杉放庵 「石不言」三字額

【作品について】

日本画家・小杉放庵が書いた三字の扁額。

「石不言」

石は言わず。なんとも禅味のある言葉です。


【作者について】
小杉放庵
こすぎほうあん
(1881―1964)
画家。明治14年12月30日、栃木県日光に生まれる。

本名国太郎。1895年(明治28)宇都宮中学校を中退し、五百城文哉(いおしろぶんや)に油絵、水彩画を学ぶ。上京して葵橋(あおいばし)洋画研究所、ついで小山正太郎(しょうたろう)の不同舎に学び、

1902年(明治35)には太平洋画会会員となる。翌年から未醒(みせい)の号を用い、近事画報社に入り、日露戦争に従軍する。

08年石井柏亭(はくてい)らの美術文芸誌『方寸』の同人に加わり、この年から文展に出品を始め、第4回展で三等賞、第5回展(『水郷』出品)、第6回展と引き続き二等賞を受ける。13年(大正2)渡仏し、翌年帰国して日本美術院の再興に参加、同人として洋画部を主宰し、『老子出関』ほかに独自の東洋的浪漫(ろうまん)主義を示した。

洋画部解散後、22年同志と春陽会を創立する。29年(昭和4)中国に旅行し、放庵と号を改め、しだいに水墨画の制作が多くなった。35年帝国美術院会員となる(1959年日本芸術院会員を辞退)。45年(昭和20)から新潟県赤倉に居を移し、

新文人画というべき気品ある水墨画境を開いた。歌人としても知られ、『故郷』ほかの歌集、また『帰去来』ほかの随筆集がある。昭和39年4月16日没。
全体図
全体図
落款印章
落款印章
表具
表具

スタッフのおすすめポイント

日本画家・小杉放庵が書いた三字の扁額。

「石不言」

石は言わず。なんとも禅味のある言葉です。

    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額
    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額
    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額
    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額
    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額
    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額
    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額
    • 小杉放庵筆 「石不言」三字額

    小杉放庵筆 「石不言」三字額

    作家名
    小杉放庵 
    画題
    「石不言」三字額
    サイズ
    22 × 59.5
    その他
    金額
    180,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方