上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸

上田秋成 和歌 雨間郭公

【作品について】

ホトトギスは夏の到来を告げる鳥として、
古来より多くの歌人を魅了し、多くの歌が詠まれています。

夜になく鳥としても知られ、その初声を聞くために
夜ふかしをするという、昔はそんな風流な暮らしがありました。

「雨があがり、雲の間から見えたお月様。
よく見るとそこにホトトギスの影が見え、
鳴き声が聞こえてきた。」

月夜にホトトギスの声という
目と耳にその臨場感をイメージさせる美しい和歌です。


【作者について】

上田秋成 1734-1809 

江戸時代中期-後期の読み本作者,国学者。
享保(きょうほう)19年6月25日生まれ。

実父は不明で,4歳のとき大坂の紙油商嶋屋の養子となる。

俳諧(はいかい),和歌,国学をまなび,浮世草子を執筆する。
明和8年火災で家財をなくし,医をまなんで安永5年大坂で開業。同年「雨月物語」を刊行。

また本居宣長(もとおり-のりなが)と国学上の論争をした。
晩年は京都にすみ,国学書や「胆大小心録」「春雨物語」などをあらわした。

文化6年6月27日死去。76歳。大坂出身。
幼名は仙次郎。通称は東作。別号に鶉居,漁焉(ぎょえん)など。

全体図
全体図
落款
落款
軸先
軸先
表具
表具
箱

スタッフのおすすめポイント

ホトトギスは夏の到来を告げる鳥として、

古来より多くの歌人を魅了し、多くの歌が詠まれています。

 

夜になく鳥としても知られ、その初声を聞くために

夜ふかしをするという、昔はそんな風流な暮らしがありました。

 

「雨があがり、雲の間から見えたお月様。

よく見るとそこにホトトギスの影が見え、

鳴き声が聞こえてきた。」

 

月夜にホトトギスの声という

目と耳にその臨場感をイメージさせる美しい和歌です。

    • 上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸
    • 上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸
    • 上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸
    • 上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸
    • 上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸
    • 上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸

    上田秋成 和歌 題:雨間郭公 掛け軸

    作家名
    上田秋成
    画題
    雲間郭公
    サイズ
    29.5 × 43
    その他
    桐箱に入っています。
    金額
    230,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方