津田応奎 花鳥図

津田応奎 花鳥図

【作品について】

二羽の鳥は夫婦円満を表します。

作者の津田応奎は尾張藩の重臣で絵を好み、
当時最先端であった沈南頻の画風を学びました。

己卯の年と記してあることから、
1759年に描かれた作品であることがわかります。


【作者について】

津田応奎 ?-1780 

江戸時代中期の画家。
尾張(おわり)名古屋藩士。
沈南蘋(しん-なんぴん)風で,草花,鳥獣,山水などにすぐれた。
安永9年11月22日死去。名は乗文。

通称は善弥,織部。号は北海,柘榴園。

全体図
全体図
落款
落款
印章
印章
表具
表具
軸先:象牙
軸先:象牙
箱

スタッフのおすすめポイント

二羽の鳥は夫婦円満を表します。

作者の津田応奎は尾張藩の重臣で絵を好み、
当時最先端であった沈南頻の画風を学びました。

己卯の年と記してあることから、
1759年に描かれた作品であることがわかります。

    • 津田応奎 花鳥図
    • 津田応奎 花鳥図
    • 津田応奎 花鳥図
    • 津田応奎 花鳥図
    • 津田応奎 花鳥図
    • 津田応奎 花鳥図
    • 津田応奎 花鳥図

    津田応奎 花鳥図

    作家名
    津田応奎 
    画題
    花鳥図
    サイズ
    82.5 × 35.8
    その他
    桐箱に入っています。
    金額
    350,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方