田能村直入 双寿斎眉図

田能村直入 双寿斎眉図

【作品について】

仲睦まじい美しい二羽の鳥は夫婦円満を、
竹はいつも青々としている上、曲がらずまっすぐな誠実さ、
梅は雪の中で花を咲かせる強靱さ、
そして梅、竹は長寿の意味も持っています。

キラキラと光沢のある絖本に描かれていることも
作品にきらびやかさを加えています。

田能村直入88歳の見事な作品です。

【作者について】

田能村直入1814-1907

幕末から明治の南画家。

名は癡、字は顧絶、号は初め小虎、のち直入と改める。
別に笠翁、青椀、飯茶庵主人などがある。

豊後(大分県)竹田の庄屋三宮氏に生まれ、
9歳で田能村竹田に画を学ぶが、直入が田能村姓を冒した理由については不明。学問は初め郷里の角田九華に受け、のち大坂に出て篠崎小竹に学ぶ。

明治初年京都に移り、規格にはまった南画を描いていたが、
公立の美術学校設立を首唱して1878年(明治11)建議書を府庁に提出。

80年京都府画学校が開校されるや摂理兼画学講談担当となった。

84年辞して、別に南宗画学校を創立。96年富岡鉄斎らと日本南画協会をおこす。博覧会、共進会の審査員となり、また多くの賞牌を受けるなど、明治南画壇の長老的存在であった。

全体図
全体図
落款
落款
印章
印章
軸先
軸先
表具
表具
箱書き
箱書き
箱書裏
箱書裏
表具シミ
表具シミ

スタッフのおすすめポイント

仲睦まじい美しい二羽の鳥は夫婦円満を、

竹はいつも青々としている上、曲がらずまっすぐな誠実さ、

梅は雪の中で花を咲かせる強靱さ、

そして梅、竹は長寿の意味も持っています。

 

キラキラと光沢のある絖本に描かれていることも

作品にきらびやかさを加えています。

 

ただ美しい作品なだけでなく、

田能村直入88歳の末広がりでめでたい席にぴったりな作品です。

    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図
    • 田能村直入 双寿斎眉図

    田能村直入 双寿斎眉図

    作家名
    田能村直入
    画題
    双寿斎眉図
    サイズ
    134.5 × 42.5
    その他
    題と作者の署名のある桐箱に入っています。
    金額
    180,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方