春叢紹珠 円相

春叢紹珠筆 円相

【作品について】

心に何もわだかまりがなく、大胆に書かれた円に
添えられた文にはこう書かれています。

「是食て お茶 毎伊礼」
=これ食うて お茶まいれ
=これ食べて お茶をお飲みなさい。

円相は禅の真理を表すと言われています。

その描かれた丸を団子か饅頭に見立てる洒落た掛け軸です。

お茶でもどうぞ。というのは「喫茶去」という禅語を示していて、
日常即仏法を意味します。


【作者について】

春叢紹珠 1751-1835
 
江戸時代中期-後期の僧。
宝暦元年生まれ。臨済宗。
駿河(静岡県)松蔭寺の遂翁元盧の法をつぐ。

阿波 (徳島県)慈光寺、山城(京都府)円福寺をへて、京都妙心寺の住持となった。天保6年10月25日死去。85歳。

豊後(大分県)出身。諡号は大鑑広照禅師。
全体図
全体図
落款印章
落款印章
軸先:漆塗り
軸先:漆塗り
表具
表具

スタッフのおすすめポイント

心に何もわだかまりがなく、大胆に書かれた円に
添えられた文にはこう書かれています。

「是食て お茶 毎伊礼」
=これ食うて お茶まいれ
=これ食べて お茶をお飲みなさい。

円相は禅の真理を表すと言われています。

その描かれた丸を団子か饅頭に見立てる洒落た掛け軸です。

お茶でもどうぞ。というのは「喫茶去」という禅語を示していて、
日常即仏法を意味します。

    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相
    • 春叢紹珠 円相

    春叢紹珠 円相

    作家名
    春叢紹珠
    画題
    円相
    サイズ
    33 × 54.5
    その他
    杉箱に入っています。
    金額
    500,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方