松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 

松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 

【作品について】

掛け軸に描かれるお坊さん。
この方「普化」と言う中国唐時代の禅僧です。
奇妙なふるまいをしたことで有名で、
常に鈴を手にして山野をさまよったといわれます。

死の間際に自ら棺に入り、蓋を閉じた。後日弟子達が蓋を開いてみるとそこに普化の姿はなく、空中に鈴の音のみが聞こえたとの逸話が残っています。

禅の悟りの契機や極意を人物の所作で象徴的に描いた絵を
『禅機図』と呼び、この掛け軸もその一つです。

松花堂昭乗が描いた普化振鈴図はこの他に、愛知県西尾市の文化財になっている「松花堂昭乗筆 三幅対」の中に見られます。


【作者について】

・松花堂昭乗 [1584~1639]

江戸初期の僧・書画家。和泉国堺の人。号、惺々翁・空識。松花堂は晩年の号。男山石清水八幡宮滝本坊の住職。真言密教を修め、阿闍梨(あじゃり)法印となる。書は寛永の三筆の一人で、御家流・大師流を学び、松花堂流を創始。また、枯淡な趣の水墨画を多く描いた。

・江月宗玩 1574-1643 

桃山-江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)2年11月21日生まれ。
津田宗及(そうぎゅう)の子。臨済(りんざい)宗。

春屋宗園(しゅんおく-そうえん)の法をつぐ。
慶長15年京都大徳寺,のち博多崇福寺などの住持となる。

大徳寺の復興につとめ,同寺内に孤篷庵などをひらく。
茶道,書画,墨跡鑑定にすぐれていた。
紫衣(しえ)事件に連座したが,ひとりゆるされた。

寛永20年10月1日死去。70歳。和泉(いずみ)(大阪府)堺出身。
号は欠伸子,赫々子など。諡号(しごう)は大梁興宗禅師。
全体図
全体図
印章
印章
江月 落款印章
江月 落款印章
賛文
賛文
軸先
軸先
表具
表具
箱

スタッフのおすすめポイント

掛け軸に描かれたお坊さんは「普化」と言う中国唐時代の禅僧です。
禅の悟りの契機や極意を人物の所作で象徴的に描いた絵を
『禅機図』と呼び、この掛け軸もその一つです。

松花堂昭乗が描いた普化振鈴図はこの他に、愛知県西尾市の文化財になっている「松花堂昭乗筆 三幅対」の中に見られます。

    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 
    • 松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 

    松花堂昭乗 普化振鈴図 江月宗玩賛 

    作家名
    松花堂昭乗(絵)、江月宗玩(賛)
    画題
    普化振鈴図
    サイズ
    108.5 × 26.8
    その他
    古い桐箱に入っています。
    金額
    650,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方