酒井道一 満月図

酒井道一 満月図

【作品について】

銀と墨で雲を纏って夜空に浮かぶ月を描いた作品。

日本人は元々太陰暦という月を基本とした暦の中で農耕し、生活してきました。
そして竹取物語は言うに及ばず源氏物語、平家物語でも月夜の名シーンがあるように、月に美を見出しました。また月には時空を越えて見るものに過去や未来、そして遠く離れた人を思わせる不思議な力があるともされました。


【作者について】

酒井道一1846*-1913 

明治時代の日本画家。
弘化(こうか)2年12月21日生まれ。山本素堂の次男。

鈴木其一(きいつ)に琳派(りんぱ)の画法をまなぶ。

酒井抱一(ほういつ)の画風に傾倒し,酒井鶯一(おういつ)の養子となり,雨華庵4代をついだ。
全体図
全体図
落款印章
落款印章
月拡大
月拡大
箱

スタッフのおすすめポイント

銀と墨で雲を纏って夜空に浮かぶ月を描いた作品。

 

日本人は元々太陰暦という月を基本とした暦の中で農耕し、生活してきました。

そして竹取物語は言うに及ばず源氏物語、平家物語でも月夜の名シーンがあるように、月に美を見出しました。また月には時空を越えて見るものに過去や未来、そして遠く離れた人を思わせる不思議な力があるともされました。

 

 

    • 酒井道一 満月図
    • 酒井道一 満月図
    • 酒井道一 満月図
    • 酒井道一 満月図
    • 酒井道一 満月図

    酒井道一 満月図

    作家名
    酒井道一
    画題
    満月図
    サイズ
    202 × 71.5
    その他
    新しい桐箱に入っています。
    金額
    700,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方