太田垣蓮月 墨梅図画賛

太田垣蓮月 墨梅図画賛

【作品について】

鶯と梅の和歌を詠み、そこに自筆の墨梅図を添えた春の作品。

「うぐいすの都にいでん中やどにかさばやと思う梅咲にけり」


【作者について】

大田垣蓮月1791〜1875.. 京都


江戸時代末期の歌人。本名,誠 (のぶ) 。
幕末の女流歌人として野村望東尼と並び称される。父は伊賀上野の藤堂金七郎,母は京都三本木の女性といわれる。

生後 10日余で知恩院寺侍大田垣光古の養女となった。 33歳の年2度目の夫古肥 (ひさとし) と死別。剃髪して蓮月尼と称した。子供に先立たれ,42歳で父を失い,清貧,孤独な生涯をおくった。

父の死後,陶器を作り,自詠を書入れたものが人気を得たが,売上げは貧者に施した。小沢蘆庵に私淑,勤王家六人部是香 (むとべよしか) に入門。橘曙覧 (あけみ) と親交があり,富岡鉄斎をわが子のようにかわいがった。和歌は平明な叙景歌が得意で,書画,なぎなた,囲碁にも長じた。家集『海人 (あま) の刈藻』 (1870) がある。

全体図
全体図
落款
落款
和歌
和歌
絵
表具
表具
軸先
軸先
状態
状態
状態
状態
箱
箱

スタッフのおすすめポイント

鶯と梅の和歌を詠み、そこに自筆の墨梅図を添えた春の作品。

 

「うぐいすの都にいでん中やどかさばや思う梅咲けり」

 

 

    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛
    • 太田垣蓮月 墨梅図画賛

    太田垣蓮月 墨梅図画賛

    作家名
    太田垣蓮月 
    画題
    墨梅図画賛
    サイズ
    24 × 57.8
    その他
    時代色のついた杉箱に入っています。
    金額
    200,000円/商談中円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方