大田垣蓮月 消息(元黒様宛)

大田垣蓮月 消息(元黒様宛)

【作品について】

幕末明治の女流歌人として有名な蓮月尼の書いた手紙を掛け軸に仕立てたものです。
短冊や画賛の「作品」にみられる流麗な筆線とは違い、自由で素の蓮月尼の書が楽しめます。



【作者について】

太田垣蓮月(1791-1875)

江戸末期から明治初期の歌人。寛政(かんせい)3年1月8日京都に生まれる。

名は誠(のぶ)、蓮月は法名。実父は伊賀(いが)上野(三重県)の城代家老藤堂新七郎良聖(とうどうしんしちろうよしきよ)、養父は知恩院の坊官大田垣伴左衛門光古(てるひさ)。7、8歳で丹波(たんば)亀山(かめやま)(亀岡)城主松平家に奉公。のち光古の養子望古(もちひさ)と結婚したが、のち離別。

1819年(文政2)光古の養子古肥(ひさとし)と再婚。蓮月33歳のとき、古肥が病死したので剃髪(ていはつ)。東山真葛(まくず)が原、洛東(らくとう)の岡崎、聖護院(しょうごいん)村、方広寺大仏のそば、北白川の心性寺、西賀茂村などに転住し、西賀茂の神光院(じんこういん)で明治8年12月10日、85歳で没した。

その間、自詠の歌を彫った陶器をつくり、蓮月焼として世に知られた。
若年から歌道に親しみ、上田秋成(あきなり)、香川景樹(かげき)に教えを受け、六人部是香(むとべよしか)に入門。

歌風は平明温雅で、家集に『海人の刈藻(あまのかるも)』がある。高畠式部(たかばたけしきぶ)と並んで幕末京都女流歌人の代表。

富岡鉄斎も若年のときに彼女の庵居(あんきょ)に遊び、また橘曙覧(たちばなあけみ)、野村望東尼(もとに)などと交わりがあった。
全体図
全体図
落款
落款
表具
表具
軸先
軸先

スタッフのおすすめポイント

幕末明治の女流歌人として有名な蓮月尼の書いた手紙を掛け軸に仕立てたものです。
短冊や画賛の「作品」にみられる流麗な筆線とは違い、自由で素の蓮月尼の書が楽しめます。

    • 大田垣蓮月 消息(元黒様宛)
    • 大田垣蓮月 消息(元黒様宛)
    • 大田垣蓮月 消息(元黒様宛)
    • 大田垣蓮月 消息(元黒様宛)
    • 大田垣蓮月 消息(元黒様宛)
    • 大田垣蓮月 消息(元黒様宛)

    大田垣蓮月 消息(元黒様宛)

    作家名
    大田垣蓮月
    画題
    消息(元黒様宛)
    サイズ
    15 × 31
    その他
    桐箱に入っています。
    金額
    85,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方