太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り

飛鶴図
飛鶴図
和歌
和歌
落款
落款
表具
表具
軸先
軸先
箱
扇子の中骨跡
扇子の中骨跡

スタッフのおすすめポイント

元は扇子の裏表であった一対の扇面が二段に貼られた掛け軸。扇面はその形から「末広がり」として縁起良く、描かれた鶴も吉祥の鳥とされることから、お祝いの席に適した掛け軸です。

太田垣蓮月の書は、その落款から4-50代と蓮月にしては若い頃の作品だとわかります。

「むらつるの そのかづかづの いくちよを

とりあつめつつ 君ぞかぞへん」

でしょうか。

蓮月の歌集:海人の刈藻 の雑部に、「亀あまたかけるかたに」と題されて

============

むれがめの ひとつひとつの 万代の 

とりつどへつつ 君をかぞへん

============

という和歌が載っています。

亀と鶴や歌の流れから、同時期に作られた対になるような歌の可能性もあります。

 

もう一枚の扇面は、その作風から蓮月の作品ではなく別の絵師が描いたです。

舞いながら向かい合う二羽の鶴は通常白い鶴が描かれますが、黒い鶴が描かれている点も注目すべきです。江戸時代の書物「大和本草」によると丹頂鶴の色は黒いとされていたり、「玄鶴(クロツル)」と呼ばれる鶴の存在が当時の日本ではあった(認識されていた)ことがわかります。

なんとも雅やかな作品の美しさだけでなく、美術作品の歴史資料としても興味深い作品です。

    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    • 太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り

    太田垣蓮月 飛鶴図 和歌 扇面二段貼り

    作家名
    太田垣蓮月 
    画題
    飛鶴図 和歌 扇面二段貼り
    サイズ
    14 × 42.5
    その他
    時代色のついた桐箱に入っています。
    金額
    売約済み/ Sold out円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方