森本東閣 流霞双蝶図

森本東閣 流霞双蝶図

【作品について】
二匹の蝶が舞う可愛らしい図です。蝶は幼虫からさなぎ、そして美しい蝶の姿に変化し成長することから「健やかな成長」や「立身出世」を願う意味があります。

その他、この図の様に二匹で舞っていることが多いことから
「夫婦円満」の吉祥の意味もあります。

箱書を見ますと、明治42年の新嘗祭の日に箱書きをしたとあります。
作者もその年の五穀豊穣を祝う気持ちで、立派に成長した二匹の蝶の図に箱書をしたのでしょう。

【作者について】

森本東閣 1877-1947

日本画家。京都生。名は角太郎。
幸野楳嶺の長男。幸野西湖は弟。父楳嶺の門人菊池芳文に師事し、また菊池契月の画塾にも参加する。

東閣画塾をひらき、入江波光など多くの子弟を育てた。
のち森本後凋の養子となり家を継いだ。

昭和22年(1947)歿、70才。

全体図
全体図
落款印章
落款印章
軸先
軸先
表具
表具
箱

スタッフのおすすめポイント

二匹の蝶が舞う可愛らしい図です。

蝶は幼虫からさなぎ、そして美しい蝶の姿に変化し成長することから

「健やかな成長」や「立身出世」を願う意味があります。

 

その他、この図の様に二匹で舞っていることが多いことから

「夫婦円満」の吉祥の意味もあります。

 

季節に合わせて春や夏に飾るだけでなく、

こうした吉祥の意味で飾るのもオススメです。

 

    • 森本東閣 流霞双蝶図
    • 森本東閣 流霞双蝶図
    • 森本東閣 流霞双蝶図
    • 森本東閣 流霞双蝶図
    • 森本東閣 流霞双蝶図
    • 森本東閣 流霞双蝶図
    • 森本東閣 流霞双蝶図

    森本東閣 流霞双蝶図

    作家名
    森本東閣
    画題
    流霞双蝶図
    サイズ
    106 × 35.5
    その他
    作者が署名と共に明治42年の新嘗祭の日に箱書をした、と記した杉箱に入っています
    金額
    60,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方