森一鳳 柿図

森一鳳 柿図

【作品について】

丸っとした柿が二つ。
少ない筆数で描かれた作品は作者の絶妙な筆捌きが光っています。

この柿ただの柿ではありません。

箱裏にある貼紙によると、当時すでに剃髪していた一鳳が一鳳と旧知の中だった宗阿公が剃髪した際にこれを喜び、この丸い柿の図を送ったとのことです。

つまりこの二つの柿は髪の毛のなくなった二人の頭を表しているとのこと。

ただ丸いもので良ければ他の図でも良かったと思うのですが、
桃栗三年 柿八年といいますから、二人が頭を丸めるまで生きてこれたことを祝う意味も込められているのではと想像します。


【作者について】

森一鳳 1798-1872 

江戸時代後期の画家。
寛政10年生まれ。大坂で円山派の森徹山(てつざん)にまなび,
その養子となる。

兄弟弟子に森寛斎。肥後熊本藩につかえた。藻苅(もかり)舟の画題で知られ商家の注文がおおく,「藻を苅る一鳳(もうかる一方)」といわれた。明治4年11月21日死去。74歳。

播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は敬之。字(あざな)は子交。通称は文平。

全体図
全体図
落款印章
落款印章
状態
状態
表具
表具
軸先
軸先

スタッフのおすすめポイント

丸っとした柿が二つ。

少ない筆数で描かれた作品は作者の絶妙な筆捌きが光っています。

 

この柿ただの柿ではありません。

箱裏にある貼紙によると、当時すでに剃髪していた一鳳が一鳳と旧知の中だった宗阿公が剃髪した際にこれを喜び、この丸い柿の図を送ったとのことです。

つまりこの二つの柿は髪の毛のなくなった二人の頭を表しているとのこと。

ただ丸いもので良ければ他の図でも良かったと思うのですが、

桃栗三年 柿八年といいますから、二人が頭を丸めるまで生きてこれたことを祝う意味も込められているのではと想像します。

    • 森一鳳 柿図
    • 森一鳳 柿図
    • 森一鳳 柿図
    • 森一鳳 柿図
    • 森一鳳 柿図
    • 森一鳳 柿図

    森一鳳 柿図

    作家名
    森一鳳
    画題
    柿図
    サイズ
    98.3 × 25.8
    その他
    箱裏に作品の由来を記した貼紙がある桐箱に入っています。
    金額
    100,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方