明誉古磵 大黒図

明誉古磵 大黒図

【作品について】

「常に笑顔でいれば幸せが訪れる」という思想を持っていたといわれる
江戸時代初期の僧・古磵。彼の描く大黒さんもいつも笑顔です。

32歳で神様を敬うことの表れとして1000図の大国様を描いた、その後も奈良の薬師寺には2000図以上の大黒様を寄進したという記録が残っています。

財運福徳をもたらす神様であるだけでなく、
(古磵さんが生まれてから)300年間見る人をホッと柔らかい笑顔にしてきたであろう、
そんな掛け軸です。


【作者について】
明誉古磵(1653~1717)

江戸中期の浄土宗の僧。京都報恩寺住職。号は虚舟。初めは大和郡山西巌寺に住した。晩年は西岩倉に閑居して狩野永納に画を学び、のち雪舟の画風を慕って山水人物、とりわけ大黒の像を多く描いた。享保2年(1717)寂、65才。

スタッフのおすすめポイント

「常に笑顔でいれば幸せが訪れる」という思想を持っていたといわれる
江戸時代初期の僧・古磵。彼の描く大黒さんもいつも笑顔です。

32歳で神様を敬うことの表れとして1000図の大国様を描いた、その後も奈良の薬師寺には2000図以上の大黒様を寄進したという記録が残っています。

財運福徳をもたらす神様であるだけでなく、
(古磵さんが生まれてから)300年間見る人をホッと柔らかい笑顔にしてきたであろう、
そんな掛け軸です。

    • 明誉古磵 大黒図

    明誉古磵 大黒図

    作家名
    明誉古磵
    画題
    大黒図
    サイズ
    22.8 × 29.8
    その他
    時代色のある木箱に入っています。
    金額
    80,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方