小林古径 波図

小林古径 波図 

【作品について】

線描の美を追求した日本画家・小林古径。
彼が最高の線を探す工程が見て取れるのがこのような素描作品の魅力です。

私はこの作品を見た時に俵屋宗達、尾形光琳が松島図屏風に描いた「波」を思い出しました。もしかするとそのような古典作品を見て、自分ならどんな線で表現するだろうかと古径が筆を取った作品かもしれませんね。

師と仰ぎ心から尊敬していたとされる梶田半古門の兄弟弟子・奥村土牛が
箱書をしています。


【作者について】

小林古径 1883-1957 明治-昭和時代の日本画家。

明治16年2月11日新潟県に生まれる。本名茂。

12歳のとき松本楓湖(ふうこ)門下の青木香葩(こうは)に手ほどきを受け、1899年(明治32)に上京して梶田半古(かじたはんこ)に入門した。この年、日本絵画協会・日本美術院連合絵画共進会に『村上義光』が入選、続けて同会に出品して受賞を重ねた。

1906年(明治39)安田靫彦(ゆきひこ)と知り合い、10年に靫彦、今村紫紅(しこう)らの紅児会(こうじかい)に加わった。文展にも出品し、12年(大正1)の第6回展で『極楽井』が褒状を受けた。

14年の日本美術院再興に参加、その第1回展に『異端』を出品し、同人に推された。続いて第2回展に『阿弥陀(あみだ)堂』、第4回展に『竹取物語』、第5回展に『いでゆ』を出品するなど、美術院の中心的な画家として目覚ましい活躍を示した。

22年に日本美術院留学生に選ばれて前田青邨(せいそん)とともに渡欧し、翌年帰国。30年(昭和5)美術院経営者となり、同年の院展に『清姫』を、翌年の院展に『髪』を出品して注目され、画壇に地歩を固めた。35年に帝国美術院会員、37年に帝国芸術院会員となり、44年には帝室技芸員にあげられた。

またこの年、東京美術学校教授となって後進の育成にあたり、これは49年(昭和24)に東京芸術大学教授に変わって51年まで続いた。50年に文化勲章を受章。昭和32年4月23日没。大和絵(やまとえ)の伝統に立脚し、それを現代に生かす新古典様式ともいえる画風は独特であり、上記のほか多くの秀作を残している。

状態
状態
軸先
軸先
表具
表具
箱
箱書
箱書

スタッフのおすすめポイント

線描の美を追求した日本画家・小林古径。
彼が最高の線を探す工程が見て取れるのがこのような素描作品の魅力です。

私はこの作品を見た時に俵屋宗達、尾形光琳が松島図屏風に描いた「波」を思い出しました。もしかするとそのような古典作品を見て、自分ならどんな線で表現するだろうかと古径が筆を取った作品かもしれませんね。

師と仰ぎ心から尊敬していたとされる梶田半古門の兄弟弟子・奥村土牛が
箱書をしています。

    • 小林古径 波図
    • 小林古径 波図
    • 小林古径 波図
    • 小林古径 波図
    • 小林古径 波図
    • 小林古径 波図
    • 小林古径 波図

    小林古径 波図

    作家名
    小林古径
    画題
    サイズ
    60 × 94
    その他
    奥村土牛の箱書がある桐箱に入っています。
    金額
    250,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方