横井金谷 江山雪月図

横井金谷 江山雪月図

【作品について】

寒い冬もアイデア次第で心温まり、楽しむことを教えてくれます。

深い山の谷間に流れる川を船に乗って下る文人。
川を下っているうちに雪が降ってきたというより、
雪が降る月夜を楽しむために船を出したのでしょう。

船の机上にはお茶を入れる涼炉と茶碗が見えます。
月に照らされてキラキラと輝きながら舞う雪を愛でながら飲む
温かいお茶はさぞかし美味しく、なんとも言えない優雅な心地になることでしょう。

【作者について】

横井金谷(1761ー1832)

江戸後期の浄土宗の僧,のち修験者となった。
絵をよくし,名は妙憧,別号は蝙蝠道人。金谷上人,金谷老人とも呼ばれた。

近江国栗太郡の生れ。京都にのぼり,21歳で金谷山極楽寺の住職となった。
のち諸国を歴遊し,中年になって名古屋住吉町に住して鈴木鳴門,丹羽嘉信ら文人画家と交わり,また張月樵に絵を学んだ。〈近江蕪村〉と呼ばれるほど与謝蕪村に傾倒し,山水,人物を好んで画題とし俳画も描いた。

みずからの放浪の生涯を描いた《金谷上人御一代記》を残している。

全体図
全体図
落款印章
落款印章
印章
印章
軸先:唐木
軸先:唐木
表具
表具

スタッフのおすすめポイント

寒い冬もアイデア次第で心温まり、楽しむことを教えてくれます。

深い山の谷間に流れる川を船に乗って下る文人。
川を下っているうちに雪が降ってきたというより、
雪が降る月夜を楽しむために船を出したのでしょう。

船の机上にはお茶を入れる涼炉と茶碗が見えます。
月に照らされてキラキラと輝きながら舞う雪を愛でながら飲む
温かいお茶はさぞかし美味しく、なんとも言えない
優雅な心地になることでしょう。

    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図
    • 横井金谷 江山雪月図

    横井金谷 江山雪月図

    作家名
    横井金谷
    画題
    江山雪月図
    サイズ
    138.5 × 48.5
    その他
    木箱に入っています。
    金額
    450,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方