松村景文筆 玉堂富貴図

松村景文筆 玉堂富貴図

【作品について】

ボタンに木蓮を描いたこの図は、
中国南宋時代から富裕の象徴として喜ばれた図です。
作者の松村景文(1843年歿)の箱書きがある共箱
であることも珍しく、箱と共に大切にされてきたことがわかる作品です。


【作者について】

松村景文 1779‐1843

江戸後期の四条派画家。

幼名は直治,通称は要人,字は士藻。別号に華渓がある。

金座年寄役松村嘉左衛門匡程の子,
呉春の異母弟として京都に生まれる。

妙法院宮の近侍となり,儒医小石玄瑞らと交わって影響を受ける。

画法を呉春に学んで軽妙な筆致を駆使した花鳥画に新機軸を出し,
四条に住して呉春没後四条派の中心となった。
全体図
全体図
落款印章
落款印章
状態:折れがあります。
状態:折れがあります。
軸先:木
軸先:木
表具
表具
箱
松村景文 共箱
松村景文 共箱

スタッフのおすすめポイント

ボタンに木蓮を描いたこの図は、
中国南宋時代から富裕の象徴として喜ばれた図です。

作者の松村景文(1843年歿)の箱書きがある共箱
であることも珍しく、箱と共に大切にされてきたことがわかる作品です。

    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図
    • 松村景文筆 玉堂富貴図

    松村景文筆 玉堂富貴図

    作家名
    松村景文筆 
    画題
    玉堂富貴図
    サイズ
    104.5 × 29
    その他
    景文の署名捺印の入った共箱です。
    金額
    100,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方