松村景文 福笹図

松村景文 福笹図

【作品について】

えびす神社で売られる福笹と福の神の使者で
古くから吉兆の印とされた白鼠が描かれる、
正月飾りのにピッタリのおめでたい作品です。
落款から文政戊子=1828年の元旦に描かれた作品であることがわかります。


【作者について】

松村景文 1779〜1843

江戸後期の四条派の画家。呉景文ともいう。京都の人。

初名は直治,字は士藻,号は華渓,通称要人。
呉春の異母弟で,彼に画を学んだ。

兄といっても呉春とは親子ほど年齢が離れている。四条に住んで,妙法院に出仕した。花鳥画を得意とし,大作は少ないが「墨色の美麗なるは兄に勝る所あり」ともいわれた。

写生にはげみ,淡白で軽妙な筆使いで花卉などを描いた四十数冊の写生帳(堂本美術館蔵)が残っている。

文政12(1829)年京都祇園会の長刀鉾の天井裏に描いた「群鳥図」は景文の名を高めた。兄のあとを継いで四条派の隆盛をもたらした。

65歳で没し,金福寺の呉春墓の側に葬られた。

全体図
全体図
落款
落款
印章
印章
状態:経年による折れがあります。
状態:経年による折れがあります。
軸先
軸先
表具
表具
状態:経年による傷があります。
状態:経年による傷があります。
箱

スタッフのおすすめポイント

えびす神社で売られる福笹と福の神の使者で
古くから吉兆の印とされた白鼠が描かれる、
正月飾りのにピッタリのおめでたい作品です。

落款から文政戊子=1828年の元旦に描かれた作品であることがわかります。

    • 松村景文 福笹図
    • 松村景文 福笹図
    • 松村景文 福笹図
    • 松村景文 福笹図
    • 松村景文 福笹図
    • 松村景文 福笹図
    • 松村景文 福笹図

    松村景文 福笹図

    作家名
    松村景文
    画題
    福笹図
    サイズ
    122.5 × 27.5
    その他
    時代色のついた桐箱に入っています。
    金額
    50,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方