井上金峨 山水図

井上金峨 山水図

【作品について】

江戸時代の学者・井上金峨が熱海で書いた山水図です。
学者ですから書の作品は出会うことがありますが、
このような本格的な絵画は珍しいです。
中国の知識階級が琴棋(囲碁)書画を嗜みとした様に、
日本でも学者はこのような文人画を好んで描きました。

己丑の年(1769)の七夕に熱海で書いたことが賛文からわかります。


【作者について】
井上金峨
1732-1784 

江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)17年生まれ。常陸(茨城県)笠間藩医の子。川口熊峰に仁斎学を,井上蘭台に徂徠学をまなび,折衷学をとなえる。
のち江戸駒込にすみ,時間をきめ講義料をとる売講をはじめたことで知られる。

門人に山本北山,亀田鵬斎ら。天明4年6月16日死去。53歳。
名は立元。字は純卿。通称は文平。別号に考槃(こうはん)翁。
著作に「経義折衷」「弁徴録」など。
全体図
全体図
落款印章
落款印章
落款印章
落款印章
軸先
軸先
表具
表具

スタッフのおすすめポイント

江戸時代の学者・井上金峨が熱海で書いた山水図です。
学者ですから書の作品は出会うことがありますが、
このような本格的な絵画は珍しいです。

中国の知識階級が琴棋(囲碁)書画を嗜みとした様に、
日本でも学者はこのような文人画を好んで描きました。

己丑の年(1769)の七夕に熱海で書いたことが賛文からわかります。

    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図
    • 井上金峨 山水図

    井上金峨 山水図

    作家名
    井上金峨
    画題
    山水図
    サイズ
    102 × 52.9
    その他
    時代色のついた桐箱に入っています。
    金額
    380,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方