日根対山 荒波図  

日根対山 荒波図  

【作品について】
自然の力の大きさ、ダイナミックさを象徴的に描かれた掛け軸です。

時には穏やかに、そして荒々しくと様々に形を変える波は
「人生」と重ねて考えられたり、

寄せては返すその動きから、
永遠や長寿などのイメージとして描かれました。

作品中に書かれた年号から戊辰=1868年2月、日根対山がなくなる1年前に描かれた作品であり、晩年も筆力が衰えなていないことがわかります。


【作者について】

日根対山 1811-1869

幕末の南画家。名は盛長,字は成言,小年。別号に茅海がある。泉州(大阪府)堺の人。はじめ土佐派を学び,のち,貫名海屋に書画を学び,また,長崎の画僧鉄翁に私淑する。達者な運筆で幕末京都の南画界における第一人者と目された。
全体図
全体図
落款
落款
印章
印章
軸先
軸先
表具
表具
箱

スタッフのおすすめポイント

自然の力の大きさ、ダイナミックさを象徴的に描かれた掛け軸です。

時には穏やかに、そして荒々しくと様々に形を変える波は
「人生」と重ねて考えられたり、

寄せては返すその動きから、
永遠や長寿などのイメージとして描かれました。

    • 日根対山 荒波図  
    • 日根対山 荒波図  
    • 日根対山 荒波図  
    • 日根対山 荒波図  
    • 日根対山 荒波図  
    • 日根対山 荒波図  
    • 日根対山 荒波図  

    日根対山 荒波図  

    作家名
    日根対山
    画題
    荒波図
    サイズ
    147 × 86
    その他
    絹本水墨。時代色のある桐箱に入っています。
    金額
    700,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方