藤井達吉 椿図

藤井達吉 椿図

【作品について】

水墨で少し金をあしらって描いた椿図に
和歌が絡まるように書かれています。

渇筆(かすれた線)で表現された椿の幹の上に
リズミカルに濃墨の仮名文字が配置され、
文字も絵の一部のように見えます。

絵の余白部分に詩を添えた作品ではなく、
和歌も含めて作品が完成されています。

達吉は宗達下絵に本阿弥光悦が歌を書いた作品の近代版を
独自の手法で作ろうとしたのではないかと思わせる作品です。


【作者について】

藤井達吉(1881-1964)

 明治-昭和時代の工芸家。

明治14年6月6日生まれ。名古屋で七宝店につとめたのち美術工芸の道をこころざし,新感覚の染織,紙工芸などを発表する。

工芸革新運動にもくわわり,昭和2年帝展工芸部誕生の推進力となる。小原工芸和紙や瀬戸の陶芸も指導した。昭和39年8月27日死去。83歳。愛知県出身。


全体図
全体図
落款印章
落款印章
表具
表具
軸先
軸先
箱

スタッフのおすすめポイント

水墨で少し金をあしらって描いた椿図に

和歌が絡まるように書かれています。

 

渇筆(かすれた線)で表現された椿の幹の上に

リズミカルに濃墨の仮名文字が配置され、

文字も絵の一部のように見えます。

 

絵の余白部分に詩を添えた作品ではなく、

和歌も含めて作品が完成されています。

 

達吉は宗達下絵に本阿弥光悦が歌を書いた作品の近代版を

独自の手法で作ろうとしたのではないかと思わせる作品です。

    • 藤井達吉 椿図
    • 藤井達吉 椿図
    • 藤井達吉 椿図
    • 藤井達吉 椿図
    • 藤井達吉 椿図
    • 藤井達吉 椿図

    藤井達吉 椿図

    作家名
    藤井達吉 
    画題
    椿図
    サイズ
    63.2 x 25
    その他
    弟子による和歌の読みと署名があります。
    金額
    55,000 円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方