弁財天図

弁財天図

【作品について】

七福神の中の紅一点である弁財天はインドの川の神が起源で、中国経由で日本に伝わりました。インドでは多くの神が悪鬼を退治して人々を守るとされることから、日本でも戦闘の神とする説もありましたが、次第に美の女神、音楽、芸能の女神とされるほか、中国の仏典によると「財運をもたらす」ともされています。

表具の裏に寛政十年(1798年)の記述がありますので、
少なくとも220年以上前に書かれた作品だとわかります。


全体図
全体図
軸先
軸先
表具
表具

スタッフのおすすめポイント

小品ですので、飾るスペースが小さい場所でも飾っていただけます。

 

七福神の中の紅一点である弁財天。

 

その起源はインドです。日本でも戦闘の神とする説もありましたが、

次第に美の女神、音楽、芸能の女神とされるほか、

中国の仏典によると「財運をもたらす」ともされています。

 

    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図
    • 弁財天図

    弁財天図

    作家名
    無落款
    画題
    弁財天図
    サイズ
    29.5 × 14.8
    その他
    桐箱に入っています。
    金額
    80,000円
    購入をご希望の方は、上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方