都路華香筆 富士山図 掛軸

都路華香筆 富士山図

【作者について】

都路華香(1871−1931)

明治から昭和にかけて活躍した日本画家。幸野楳嶺の弟子で、竹内栖鳳、菊池芳文、谷口香嶠とともに楳嶺四天王の一人と称される。京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)の教諭として後進の育成に努めた。
全体図
全体図
落款
落款
印章
印章
表具
表具
箱 表
箱 表
箱 裏 署名
箱 裏 署名
軸先
軸先

スタッフのおすすめポイント

伝統的な表現から、新しい独自の表現を模索し築いた都路華香が
描いた近代的富士山図。

    • 都路華香筆 富士山図 掛軸
    • 都路華香筆 富士山図 掛軸
    • 都路華香筆 富士山図 掛軸
    • 都路華香筆 富士山図 掛軸
    • 都路華香筆 富士山図 掛軸
    • 都路華香筆 富士山図 掛軸
    • 都路華香筆 富士山図 掛軸
    • 都路華香筆 富士山図 掛軸

    都路華香筆 富士山図 掛軸

    作家名
    都路華香
    画題
    富士山図
    サイズ
    112 × 37
    その他
    共箱 二重箱
    金額
    250,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方