風外慧薫   達磨図  

風外慧薫/達磨図

【作品について】

禅宗の祖である達磨図は日本に禅宗が渡来してから近代に至るまで著名な画家たちにより、崇める対象として数々の作品が生まれました。
風外慧薫も多くの達磨図を描いた禅僧の一人です。
ぎょろりとした眼に睨まれると思わず背筋が伸び、日々の生活が引き締まります。掛けるとその部屋の空気をピリッと清めてくれる力強い作品です。


【作者について】

風外慧薫(1568—1654頃)
江戸初期の禅僧。上野国(群馬県)の人。上野国で修行後、小田原の成願寺に住す。数年後 曽我の洞穴に住んだことから“穴風外”とも呼ばれる。
達磨、布袋などの禅画を多く描いた。
全体図
全体図
落款印章  落款:風外  印章:風外
落款印章 落款:風外  印章:風外
状態 :経年による本紙の欠損や折れがあります。
状態 :経年による本紙の欠損や折れがあります。
軸先 :唐木
軸先 :唐木
表具 :全て一枚の裂を使った袋(丸)表具。一文字も艶やかさを演出しながら控えめなのが作品によく合っています。
表具 :全て一枚の裂を使った袋(丸)表具。一文字も艶やかさを演出しながら控えめなのが作品によく合っています。

スタッフのおすすめポイント

ぎょろりとした眼に睨まれると思わず背筋が伸び、日々の生活が引き締まります。
掛けるとその部屋の空気をピリッと清めてくれる力強い作品です。

    • 風外慧薫   達磨図  
    • 風外慧薫   達磨図  
    • 風外慧薫   達磨図  
    • 風外慧薫   達磨図  
    • 風外慧薫   達磨図  

    風外慧薫 達磨図  

    作家名
    風外慧薫
    画題
    達磨
    サイズ
    31.5 × 45
    その他
    古い時代のついた木箱に入っています。
    金額
    450,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方