頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書

頼聿庵 /「商山早行」狂草二行書 

【作品について】
中国唐時代の詩人・温庭筠の「商山早行」の一節。
『雞聲茅店月 人迹板橋霜』

その書は父である頼山陽をも凌ぐと言われた、聿庵の狂草書。
この激しい書風は山陽にはなく、彼独自の世界をひらいたと言えます。


【作者について】
頼聿庵(1801-1856)
江戸時代後期の儒学者。広島藩儒。
頼山陽の長男。広島に家塾「天日堂」を起こしました。
全体図
全体図
落款
落款
印章
印章
関防印
関防印
軸先:象牙
軸先:象牙
箱書き:細谷立斎
箱書き:細谷立斎
表具:袋表具(明朝仕立て)
表具:袋表具(明朝仕立て)

スタッフのおすすめポイント

その書は父である頼山陽をも凌ぐと言われた、聿庵の狂草書。
この激しい書風は山陽にはなく、彼独自の世界をひらいたと言えます。

    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書
    • 頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書

    頼聿庵筆 「商山早行」狂草二行書

    作家名
    頼聿庵
    画題
    「商山早行」狂草二行書
    サイズ
    130 × 28.5
    その他
    細谷立斎(1832-1911)の箱書きがある時代の桐箱に入っています。
    金額
    100,000円円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方