頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸

頼山陽筆 七言詩 春雨梨園…

【作品について】
 春雨梨園翻舊曲 秋煙柳巷度新聲
 今来一洗箏瑟耳 静聴故山風霰鳴

春雨の降る梨の木を植えた庭園では昔の曲を繰り返して、秋のもやのかかった柳の小道では新しい声をためす。今ここにきて洗い清めれば筝と瑟があるだけだ。静かに故郷の風や霰が鳴り響くのを聴く。 山陽外史

【作者について】

頼山陽(1781-1832)
江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人。
名は譲、字は子成。山陽、三十六峯外史と号した。
主著の「日本外史」は日本史上のベストセラーとなった。
全体図
全体図
落款:山陽外史
落款:山陽外史
印章:頼譲/頼子成
印章:頼譲/頼子成
軸先:象牙
軸先:象牙
表具:両端に筋の入った明朝袋表具
表具:両端に筋の入った明朝袋表具

スタッフのおすすめポイント

一見、すらっとした長身の紳士のような気品が感じます。
よく見ると、形や墨色の変化に富んでいて山陽の息吹を感じるようです。

    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸
    • 頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸

    頼山陽/春雨梨園…七言詩  の掛軸

    作家名
    頼山陽
    画題
    七言詩 春雨梨園云々
    サイズ
    130.5 × 27
    その他
    頼潔が箱書きをした桐箱に入っています。
    金額
    380,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方