皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)

皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)

【作品について】

江戸時代に3000人以上の弟子がいたと言われる学者が描いた絵です。
華やかなお雛様の絵が多いなか、墨絵に俳句を添えた潔い作品です。

句:紙雛や 桃登柳を 押染哉

近代日本画の大家であり、最後の文人と言われる富岡鉄斎旧蔵の作品で、
鉄斎もひな祭りの日には飾った作品と思われます。


【作者について】

皆川淇園(1735−1807)
江戸時代中期の儒学者。京都生まれ。
名は愿(げん)、字は伯恭(はくきょう)、
通称は文蔵(ぶんぞう)、別号に有斐斎(ゆうひさい)がある。

門人が3000人いたと言われる大学者であり、詩、絵画の腕前も卓越していた。
1805年に京都に学門所「弘道館」を開いた。
全体図
全体図
落款印章:節斎戯寫(花押)
落款印章:節斎戯寫(花押)
軸先:象牙
軸先:象牙
表具:三段表具
表具:三段表具

スタッフのおすすめポイント

江戸時代に3000人以上の弟子がいたと言われる学者が描いた絵です。
華やかなお雛様の絵が多いなか、墨絵に俳句を添えた潔い作品です。

句:紙雛や 桃登柳を 押染哉

近代日本画の大家であり、最後の文人と言われる富岡鉄斎旧蔵の作品で、
鉄斎もひな祭りの日には飾った作品と思われます。

    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)
    • 皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)

    皆川淇園 立雛図画賛(富岡鉄斎旧蔵品)

    作家名
    皆川淇園
    画題
    立雛図
    サイズ
    27.5 × 43
    その他
    富岡鉄斎旧蔵。                鉄斎の箱書きがある箱に入っています。     二重箱仕立て。
    金額
    100,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方