横山清暉 筆 桃園結義図

横山清暉 筆 桃園結義図

【作品について】

三国志の名場面を描いた逸品!

桃園結義は、『三国志演義』などの序盤に登場する劉備・関羽・張飛の3人が、宴会にて義兄弟(長兄・劉備、次兄・関羽、弟・張飛)となる誓いを結び、生死を共にする宣言を行ったという逸話のことです。

幕末の四条派にはあっさりとした作品が多い中、この作品は四条派の総親玉と評される(平安画家評判記)に値する逸品です。

京都国立博物館に同系の作品「三傑結義図」が収蔵されていますが、本作品には背景の山々や桃花、人物を囲む木々が描かれ、四条派に文人画の要素も見られることから清暉の筆力の高さをよりうかがい知れる作品だと思います。

【作者について】

横山清暉 1749-1864

江戸時代末期に活躍した四条派の絵師。
文政12年に祇園祭 長刀鉾軒下絵「百鳥図」の彩色を任された。
花鳥、山水、人物画を得意とした。
全体図
全体図
落款印章 落款:黄清暉 印章:清暉
落款印章 落款:黄清暉 印章:清暉
軸先:時代を経た輝きのある唐木
軸先:時代を経た輝きのある唐木
表具:三段表具
表具:三段表具

スタッフのおすすめポイント

のちに「力を合わせて事に当たる」の意味になった三国志の名場面を描いた逸品!

 

桃園結義は、『三国志演義』などの序盤に登場する劉備関羽張飛の3人が、宴会にて義兄弟(長兄・劉備、次兄・関羽、弟・張飛)となる誓いを結び、生死を共にする宣言を行ったという逸話のことです。

    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図
    • 横山清暉 筆 桃園結義図

    横山清暉 筆 桃園結義図

    作家名
    横山清暉
    画題
    桃園結義図
    サイズ
    116 × 56.8
    その他
    時代を感じられる桐箱に入っています。
    金額
    200,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方