佐竹義和筆 渡之松図

佐竹義和筆 渡之松図

【作品について】

秋田の大名が描いた松の図。
絵だけでなく、賛の和歌も自作であり自賛しました。


【作者について】

江戸後期の大名。第九代出羽秋田藩主。父は佐竹義敦(曙山)。
幼名は直丸・次郎、字は子政、号を泰峨・知足斎・突故亭・日新斎・荷風亭。従四位下侍従・右京大夫。

天明の飢饉後の農村の荒廃、藩政の衰退を救うために寛政の改革を実施。勧農業、殖産興業策、藩財政の整理、藩職制の改革と人材の登用で成果をおさめ、中興の英主と称された。文化12年(1815)歿、41才。
全体図
全体図
落款印章
落款印章
軸先
軸先
表具
表具

スタッフのおすすめポイント

秋田の大名が描いた松の図。
絵だけでなく、賛の和歌も自作であり自賛しました。

    • 佐竹義和筆 渡之松図
    • 佐竹義和筆 渡之松図
    • 佐竹義和筆 渡之松図
    • 佐竹義和筆 渡之松図
    • 佐竹義和筆 渡之松図
    • 佐竹義和筆 渡之松図
    • 佐竹義和筆 渡之松図
    • 佐竹義和筆 渡之松図

    佐竹義和筆 渡之松図

    作家名
    佐竹義和
    画題
    渡之松図
    サイズ
    92.5×29.2
    その他
    作品が描かれた経緯が記された桐箱に入っています。
    金額
    180,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方