中村芳中 達磨図

中村芳中 達磨図

【作品について】

ゆるかわいで知られる中村芳中の描く達磨図です。
壁に面して9年座禅を続け、悟りを開いたという達磨。
そこから「面壁九年」は忍耐強く努力を続け、
やり遂げること意味する言葉になりました。

ややもすると苦よりも楽を選びがちになりますが、
苦の先にこそ実りがあることを思い起こさせてくれる掛け軸です。


【作者について】

中村芳中(?〜1819)
京都で生まれ、大阪で活躍した絵師。
はじめ文人画風の山水を描いた。
指頭画の名手としても知られています。
琳派がよく使った「たらしこみ」を多く使い、
光琳風の画家として、広く親しまれました。
全体図
全体図
落款印章
落款印章
軸先
軸先
表具
表具
賛分
賛分

スタッフのおすすめポイント

ゆるかわいで知られる中村芳中の描く達磨図です。
壁に面して9年座禅を続け、悟りを開いたという達磨。
そこから「面壁九年」は忍耐強く努力を続け、
やり遂げること意味する言葉になりました。

ややもすると苦よりも楽を選びがちになりますが、
苦の先にこそ実りがあることを思い起こさせてくれる掛け軸です。

    • 中村芳中 達磨図
    • 中村芳中 達磨図
    • 中村芳中 達磨図
    • 中村芳中 達磨図
    • 中村芳中 達磨図
    • 中村芳中 達磨図
    • 中村芳中 達磨図
    • 中村芳中 達磨図

    中村芳中 達磨図

    作家名
    中村芳中
    画題
    達磨図
    サイズ
    108 ×29
    その他
    ウブな状態。表具に傷み、本紙にも傷み、折れがあります。
    金額
    200,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方