柳島八重女筆 立ち美人図

柳島八重女筆 立ち美人図

【作品について】

派手な赤い帯が目を引く立ち美人図。
口元を見ると下唇が緑色なのがわかります。

これは享和(1801〜1804)年頃に上方で流行した化粧の「笹色紅」です。
このことからこの絵がそれ以後に描かれたことがわかります。

はっきりとした眉毛と二重まぶた、吊り目な点など、
祇園井特に影響を受けたとされる大阪の絵師・梅林斎雪山の作風と類似点があります。

落款の「八重女」から女流画家であることがわかります。
肉筆浮世絵を描いた上方の女流画家は珍しいです。

【作者について】

柳島八重女(??〜??)
落款、印章ともに柳島八重女とありますが、詳細は不明。
作風から文化文政期に活躍したと思われます。
全体図
全体図
落款:柳島八重女筆/印章:柳島、八重女
落款:柳島八重女筆/印章:柳島、八重女
状態:少し傷みがあります。
状態:少し傷みがあります。
軸先:漆塗り
軸先:漆塗り
表具:絞りの裂と竹屋町裂を使った豪華な仕立てです。
表具:絞りの裂と竹屋町裂を使った豪華な仕立てです。

スタッフのおすすめポイント

派手な赤い帯が目を引く立ち美人図。
口元を見ると下唇が緑色なのがわかります。

これは享和(1801〜1804)年頃に上方で流行した化粧の「笹色紅」です。
このことからこの絵がそれ以後に描かれたことがわかります。

はっきりとした眉毛と二重まぶた、吊り目な点など、
祇園井特に影響を受けたとされる大阪の絵師・梅林斎雪山の作風と類似点があります。

落款の「八重女」から女流画家であることがわかります。
肉筆浮世絵を描いた上方の女流画家は珍しいです。

    • 柳島八重女筆 立ち美人図
    • 柳島八重女筆 立ち美人図
    • 柳島八重女筆 立ち美人図
    • 柳島八重女筆 立ち美人図
    • 柳島八重女筆 立ち美人図
    • 柳島八重女筆 立ち美人図
    • 柳島八重女筆 立ち美人図
    • 柳島八重女筆 立ち美人図

    柳島八重女筆 立ち美人図

    作家名
    柳島八重女
    画題
    立ち美人図
    サイズ
    120.5 × 18.5
    その他
    桐箱に入っています。
    金額
    300,000円

    山添天香堂について

    京都で一番老舗の書画専門店です。
    創業107年分の知識と資料を誇っています。

    こんなお客様に来ていただいています。

    • 京都に観光に来られた方(外国の方も非常に多いです。)
    • ちょっと季節の飾るものが欲しいとおっしゃる方
    • 書画をコレクションされている日本人、外国人のお客様
    • 日本美術をご研究されている大学の研究者の方、外国の研究者の方
    • 国内、海外の美術館学芸員の方